SEARCH

「深海」の検索結果38件

  • 2019年6月3日

永遠の環 ~すべてのものは形を変えながら永遠に廻る(タイタニックの思い出付き)

採鉱プラットフォームのヘリポートから日没を見つめるうち、ヴァルターは父が教えてくれた「永遠の環」の教えを思い浮かべる。「これが生だったのか、それなら、よしもう一度」のニーチェの永劫回帰の思想を分かりやすく説いたものだった。映画『タイタニック』のエピソード付き。

  • 2019年6月3日

深海の接続作業と採鉱予定区のマッピング ~海底鉱物資源採掘の成否を決定するもの

潜水艇のパイロットであるヴァルターは海底鉱物資源の採鉱プラットフォームのミッションが高電圧リアクターと揚鉱管の接続と知り、動揺するが、運航チームのフーリエから大きな機材を見せられ、「オレでも海底でマドレーヌが焼ける」と励まされる。採鉱事業の成否を決めるのは海底地形と鉱物の賦存状態を正確に把握することだ。そのマッピング技術について説明を受ける。

  • 2019年6月3日

鉱業の歴史を変える海底鉱物資源の採鉱プラットフォーム Nautilus社の採鉱システム・モデルより

初めて洋上の採鉱プラットフォームを訪れたヴァルターはその威容と機能に圧倒される。水深3000メートルの海底下から海底鉱物資源を採掘するにあたってポイントになったのはコンピュターシミュレーションの技術だった。会社ごと買収したアル・マクダエルは先行者利益について語る。

  • 2019年6月3日

子供の知的好奇心と勇気が海洋科学の礎 ~潜水艇と子供の見学

仕事が暗礁に乗り上げたヴァルターは気分転換に潜水艇プロテウスの格納庫に赴く。そこには深海調査の実況で興味をもった小学生が見学に訪れていた。子供が苦手なヴァルターは渋々説明を始めるが、好奇心に目を輝かせる子供達と接するうち、海洋社会の未来に思いを馳せるようになる。JAMSTECのキッズコーナーと併せて。

  • 2019年6月3日

自然保護か、産業開発か 科学の良心と生命への敬意が海洋社会の公益をもたらす

土着生物の発見と資源開発をめぐり、宇宙開発機構による公聴会が開かれる。自然保護など必要ないと主張する鉱山会社と、生命に謙虚であるべきとする彼の間で議論になるが、共存共栄を願う彼の言葉は大勢の胸を打つ。モデルとなったカムチャッカ半島の火山や自然の風景も併せて。

  • 2019年6月3日

人間の存在理由と深海の生き物 意味や役割があるから愛されるわけじゃない

潜水艇の耐圧殻から深海調査の実況に挑むヴァルターは、実況に耳を傾ける子供たちに深海のダイナミックな地形や世界観を語り、生きることに懐疑的なゾーイに理由などなくても生きることの尊さを説く。八代海の謎の海丘群やプチスポット火山の話題、実際の深海調査の模様を動画と画像で紹介します。

  • 2019年6月3日

権力に折れるか、科学の良心に従うか ~学説も金で買える時代だよ

深海調査が順調に進む中、一人のスタッフが画像データの改竄を指摘する。そこにはウェストフィリア島の真実が隠されていた。調査の出資者でもあるロバート・ファーラーは「深海で何を見ても見なかった振り」を強要し、ヴァルターは科学者の良心から反発するが、ファーラーは学説も金で買える時代と脅迫する。

  • 2019年6月3日

この会社で働いていると胸を張って言えるのか ~経営者の倫理と法令遵守

海洋調査が進む中、ファルコン・マイニング社のファーラー社長が視察にやって来る。自社の従業員もモノとしか思わぬ態度に、あんたの会社に『わたしはマイニング社で働いています』と胸を張って答えられる従業員がどれだけいるんだとヴァルターは詰め寄るが、ファーラーは決して考えを変えようとしない。

>Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成す稀少金属《ニムロディウム》をめぐる企業の攻防と社会の展望を描いた本格的な海洋ロマン。
「これが生だったのか、それならよし、もう一度」をテーマに人と社会、仕事と生き甲斐、恋と女性のライフスタイルなどを描いた人間ドラマです。Kindle Unlimitedなら読み放題。

CTR IMG