【作品詳細】人はみな海底に眠る鉱物資源 ~いまだ光を放たざる曙光の物語

作品について

海洋小説《曙光》MORGENROODは、下巻の後書き『事実は小説より奇なり』で紹介しているように、1995年から資料集めを始め、2017年にいったん校了しました。

その後、Kinle Direct Publishingで販売していましたが、2018年末より、海洋研究開発機構(JAMSTEC)および文部科学省ほかで様々な海洋開発プロジェクトに携わってきた西村一先生にご指導を頂き、誤字脱字をはじめ、いくつかの技術的な誤り(用語の間違いや設定ミスなど)について訂正することができました。

カテゴリーとしては「海洋SF」に属しますが、後述にもあるように、最初から「海洋科学小説を書こう」と狙ったわけではなく、キャラクター設定の過程で海洋科学や鉱業、建築・デザインの要素を織り込んだ次第です。

元々、文芸作品として出発している為、フィクションらしいトリックやSF的な要素はほとんどありません。せいぜい舞台が「架空の惑星」で、「宇宙船が飛ぶ時代」というぐらいです。また、読み手の意表を突くようなどんでん返しやアドベンチャー的な展開はありませんが、現存する海洋小説の中では、非常にリアルで、専門性の高い作品に仕上がっています。

また、人間ドラマにも重点を置き、一人一人の内面にスポットをあてるような描写を心がけています。

ニーチェの生の哲学『これが生だったのか、それなら、よし、もう一度!』を、運命の海と永遠に廻る太陽になぞらえ、魂の幸福とは何か、自分の人生を愛するとはどういうことか、分かりやすく解説しています。

学びと人生のヒントにして頂けたら幸いです。

企画意図

私はがちがちの古典文学派で、SFはレイブラッド・ベリの短編にちらと目を通すぐらい。自宅には、ハインライン、アーサー・C・クラーク、平井和正、フィリップ・K・ディック、デューン/砂の惑星など、大御所の作品がずらりと並んでいましたが、私はダメでした。どちらかといえば、松本零士のアニメや、竹宮恵子、萩尾望都の漫画に強く影響を受けた一人です。

本作についても、最初から「SFを書こう」と思い立ったのではなく、いわゆる「キャラ立ち」――キャラクターの動機を裏付ける為に、海洋学、鉱業、建築・土木に関する資料に目を通すうちに、海洋科学小説的な作品に仕上がりました。

人間の潜在的な可能性を象徴するアイテムとして『海底鉱物資源』、それを採掘する為に必要な人材が『潜水艇のパイロット』、ニーチェの生の哲学の心髄である「大地に生を打ち立てる」と、オランダ・ゼーラント州のモットーである『Lactor et Emergo(私は闘い、水の中から姿を現す)』を具象化するアイデアとして『海洋都市リング(原案は清水建設のマリネーション構想)』が登場しますが、それはあくまで副次的なものであり、主テーマは『人間の意思と運命』『神なき時代の、神なるもの』、そして日本のような海洋社会はどうあるべきか、という問いかけにあります。

また、潜水艇の深海調査を取り入れた作品は、小松左京氏の『日本沈没』を筆頭に、いくつか存在すると思いますが、潜水艇のパイロットを主人公にして、調査の目的、手法、パイロットの心情などをリアルに描いた作品は無いですし、海洋科学が社会的、あるいは哲学的に、どのような意義を持つのか、明言する作品も無いと思います。

執筆においては、海洋科学とは無縁の一般読者を意識して、カタカナ語や略語は使わず(ROVは『水中無人機』、ライザーパイプは『揚鉱管』)、専門用語も最小限にとどめて、科学的な説明も、1~2段落、長くても1ページぐらいに収まるよう配分しています。
あるいは、登場人物の台詞にからめ、NHKスペシャルのタモリ氏のノリで解説しています。
また、2018年11月より、JAMSTECおよび文部科学省ほかでさまざまな海洋開発プロジェクトに携わってきた西村一氏の徹底的な監修を受けて、技術的な誤りを訂正しています(潜水艇のハロゲンライトは既にLEDライトに換装されている、耐圧殻の死亡事故は酸欠ではなく、二酸化炭素中毒による、といった事です)
JAMSTECの職員の方が読んでも、「一度も水中無人機のオペレーションを経験したことがないのに、よくこれだけ書けたね」というレベルです。少なくとも、既存の海洋小説で、ここまで詳細かつリアルに深海調査の模様や水中無人機のオペレーションを書いている作品は皆無だと思います。また技術の披露に終わらず、オペレーションの過程で、人生に大事な心構えを学んでいくのも、本作の大きな特徴です。

また主人公は完全無欠のヒーローではなく、大洪水で生家と父親を亡くし、心に大きな傷を負った、頑固で短気な青年です。「人と話すのが苦手」「真面目すぎて堅苦しい奴と思われる」「責任が大きいとプレッシャーに感じる」「結婚が怖い」「周りと自分を見比べて落ち込む」「いつも周りから浮いているような気がする」も現代の若者に通じるものがあると思います。
本人に取り立てて才能がなくても、周りの助力と好意によって成功する、新しい型のヒーローです。キーワードは「謙虚さと素直さ」。これも現代的で受け入れやすいと思います。

女の子も、今時の開放的なタイプではなく、梶原一騎の「愛と誠」の“愛お嬢様”の純血を継ぐような、古風なキャラクターです。品行方正で、伝統的な敬語を使います。今、敬語の使える若い女性も減ってきているそうなので、本当に玉の輿に乗りたければ、あるいは、ビジネスで上等な顧客を掴みたければ、美しい言葉遣いと立ち居振る舞いを学びましょう、というメッセージを込めて、皇女さまのようなイメージに仕上げました。彼女の処女性も、現代においては学ぶところが大きいと思います。一つの恋愛指南としても楽しめますよ。

このように、本作はSF(海洋科学)のみならず、政治、経営、仕事、恋愛と性、人間の生き方、親子愛、等々、いろんな要素を併せ持つ、クロスオーバーな作品です。個々の性格と動機を裏付ける為に、生い立ちなども密に書き込んで長編になりましたが、『風と共に去りぬ』や『カラマーゾフの兄弟』のような大河ロマンが好きな層には納得して頂けるのではないでしょうか。

なかなか長編を読む機会もないと思いますが、本作はトリックを見せるタイプではないので、好きな箇所だけ、読み飛ばしても十分役に立つと思います。

お気に入りの言葉が見つかれば幸いです。

タイトル一覧

各章の抜粋と、動画・画像によるリファレンスを掲載しています。
掲載しているパートは、主に海中技術に関するものです。
海底鉱物資源の採鉱システムの破砕機や集鉱機、揚鉱管、潜水艇の仕組みなど、現存の資料から分かりやすく紹介しています。
日本にはない石油プラットフォームの暮らしぶりや、深海のダイナミックな熱水噴出孔、謎の生き物など、動画を見るだけでも楽しいので、興味のある方はぜひ。

全体のあらすじ

西暦末期、無人探査機『パイシーズ』が、みなみのうお座星域より一つの鉱石を持ち帰る。そこに含まれる未知の稀少金属『ニムロディウム』によって、宇宙開発技術は劇的に向上するが、世界最大のニムロデ鉱山がファルコン・マイニング社の手に落ちたことから、恐怖と寡占による一党支配が始まる。

マイニング社の横暴に風穴を開け、幾多の鉱業問題を解決する為に、特殊鋼メーカーの雄、アル・マクダエルは前人未踏の海底鉱物資源の採掘に挑むが、採鉱システムの完成を前に、チームリーダーの失踪という憂き目に遭う。

急遽、代役を捜し求めるが、紹介されたのは半年前に解雇された潜水艇のパイロット、ヴァルター・フォーゲルだった。半信半疑で身上調査していたところ、パスワードでロックされた『リング』の鳥瞰図を覗き見てしまう。それは大海原に直径15キロメートルの二重ダムを築き、内部の海水をドライアップして、海底面に都市空間を創出するというアイデアだった。

これこそ惑星表面積の97パーセントを海洋で占められた惑星《アステリア》の未来を変えると確信したアルは、早速、ヴァルターに面会し、アステリアに連れ出すことに成功するが、アルの愛娘、リズが彼に一目惚れしたことから、アル自身の運命のシナリオも微妙に狂い始める。

果たして、海底鉱物資源の採掘はファルコン・グループの一党支配に風穴を開け、アステリアの未来を変えるのか。

二人の恋と『リング』の行方は――。

章立てはトップページで紹介しています。

主な登場人物

[su_row]
[su_column size=”1/3″]
ヴァルター・フォーゲル
13才の時、ゼーラント州一帯を襲った未曾有の大洪水により、家と父親を失い、心的外傷を抱えたまま、母の故国フランスに渡る。心の傷を克服する為、潜水艇のパイロットを目指し、故郷の復興ボランティアにも打ち込むが、情の激しさから破滅的な行動を取り、仕事も信用も一夜で失う。一人暮らしが長く、料理と洗濯が得意。寡黙な性格で、自称『退屈な男』。
[/su_column]
[su_column size=”1/3″]アル・マクダエル
MIG(マクダエル・インダストリアル・グループ)を率いるカリスマ経営者。アステリアの産業振興に尽力した理事長でもある。叡知に長け、『拾いの神』と呼ばれる。娘には甘く、なんだかんだで恋愛指南も引き受ける。鉱物に詳しく、あだ名は『タヌキ』。
[/su_column]
[su_column size=”1/3″]
エリザベス・マクダエル
美人で聡明だが、男性経験ゼロ。アルがファルコン・グループに逆らい、海底鉱物資源の採掘に乗り出した為に常に命を狙われ、体内に『犬の首輪』と呼ばれる発信器を埋め込まれている。夢見がちで、ヴァルターにも『嬢ちゃん』と妹扱いされるが、跡取りの定めを自覚してから政治に目覚める。
[/su_column]
[/su_row]

[su_row]
[su_column size=”1/3″]
ダグラス・アークロイド
採鉱プラットフォームのマネージャー。集鉱機と揚鉱管を繋ぐ接続ミッションでは無人機での遂行を推奨し、パイロットとして呼ばれたヴァルターと衝突する。根は善人で、仲間には慕われる。
[/su_column]
[su_column size=”1/3″]
フランシス・メイヤー
リゾート施設の設計を得意とする世界的な建築家。故郷の再建をめぐってヴァルターと衝突。因縁はアステリアに持ち越される。政財界に太いパイプを持つ業界きっての実力者。
[/su_column]
[su_column size=”1/3″]
マックス・ウィングレット
建設会社の施工管理士。人情に厚く、内向きなヴァルターの面倒をよく見る。現実主義で、一同のブレーキ役。黒ビールが大好き。
[/su_column]
[/su_row]

無料サンプル

興味がありましたら、気軽に無料サンプルをご覧下さい。
ダウンロード、私的な印刷はOKです。Google Driveに置いています。
A5版で作成しているので、A4で印刷する際、『2ページ/1シート』に設定すると、きれいな見開きになります。

上巻の無料サンプル 

ダウンロード

下巻の無料サンプル

ダウンロード

著書のプロフィール

名前: 石田朋子

高校卒業後、看護助手、臨床検査技師助手を経て、国立病院九州がんセンター附属看護学校に入学。医療機関に勤務しながらWEBサイトやメールマガジンを運営。
2003年、結婚を機にポーランドに移住。
子供向けの科学読本「なぜなに お天気の話」で雷恐怖症を克服してから、科学に畏敬の念を抱くようになる。
子供時代のアイドルはカール・セーガン。
文芸に関しては、好きな作家の、好きな作品を、暗記するまで読むタイプ。
生涯のテーマは「神なき時代の、神なるもの」。

好きな作家: 山崎豊子、宮尾登美子、ニーチェ、ドストエフスキー、寺山修司、(初期の、医療エッセーを書いてた頃の)渡辺淳一

好きな画家: レンブラント、ラファエル前派(特にウォーターハウス)

好きな作曲家: ラフマニノフ、ワーグナー、ドビュッシー、チャイコフスキー、クラシックは(バロック以外は)みな好き

人生で一番感銘を受けた作品: ツァラトゥストラ(手塚富雄・訳)

お奉りしてる文化人: 手塚富雄センセ(ドイツ文学者)、江川卓センセ(ロシア文学者)、池田理代子センセ

NOVELLAで紹介している作品と作者はみな好きです。

コンタクトフォーム

作品に関するご質問やご意見はお気軽にお寄せ下さい。
簡単に自己紹介を添えて頂けると分かりやすいです(東京でOLをしています、20代のサラリーマンです、等々)

お寄せ下さった個人情報とメッセージは、送信者の許可無く、外部サービスに流用したり、ネット上で公開することはありません。当サイトの個人情報の取り扱いについて気になる方はプライバシーポリシーをご一読下さい。
 
曙光 MORGENROOD

Kindle ストア

AmazonのKindleストアで上下巻を販売中です。
本作はアクション満載のSFではなく、人間ドラマに重点を置いた古典的な文芸作品です。
専門用語は極力使わず、海洋科学や建築の予備知識がない人でも分かりやすい内容に仕上がっています。