CATEGORY

第二章 採鉱プラットフォーム

宇宙文明の根幹を成す稀少金属《ニムロディウム》を含む海底鉱物資源を採掘する為に潜水艇のパイロットを探し求めるが、彼は故郷を襲った未曾有の大水害によって心に深い傷を負っていた。

  • 2019年6月2日

運命なんてのは卑怯者の言い訳だ

「運命なんてのは卑怯者の言い訳だ。父の死は行動の結果であり、堤防の決壊は父の忠言を聞き入れなかった施政者の落ち度だ。運命などでは決してない」運命と意思、どちらが正しいのか。

  • 2019年6月3日

深海の接続作業と採鉱予定区のマッピング ~海底鉱物資源採掘の成否を決定するもの

潜水艇のパイロットであるヴァルターは海底鉱物資源の採鉱プラットフォームのミッションが高電圧リアクターと揚鉱管の接続と知り、動揺するが、運航チームのフーリエから大きな機材を見せられ、「オレでも海底でマドレーヌが焼ける」と励まされる。採鉱事業の成否を決めるのは海底地形と鉱物の賦存状態を正確に把握することだ。そのマッピング技術について説明を受ける。

  • 2019年6月3日

永遠の環 ~すべてのものは形を変えながら永遠に廻る(タイタニックの思い出付き)

採鉱プラットフォームのヘリポートから日没を見つめるうち、ヴァルターは父が教えてくれた「永遠の環」の教えを思い浮かべる。「これが生だったのか、それなら、よしもう一度」のニーチェの永劫回帰の思想を分かりやすく説いたものだった。映画『タイタニック』のエピソード付き。

  • 2019年6月3日

鉱業の歴史を変える海底鉱物資源の採鉱プラットフォーム Nautilus社の採鉱システム・モデルより

初めて洋上の採鉱プラットフォームを訪れたヴァルターはその威容と機能に圧倒される。水深3000メートルの海底下から海底鉱物資源を採掘するにあたってポイントになったのはコンピュターシミュレーションの技術だった。会社ごと買収したアル・マクダエルは先行者利益について語る。

  • 2019年6月3日

一つの人生に、一つの目的 人はみな深海に眠る鉱物資源  

採鉱システムの接続ミッションを完遂して、プラットフォームは歓喜するが、念願の本採鉱を達成したというのにアルの表情は冴えない。なぜなら海底鉱物資源の採掘は世界の構図を変えるほどのインパクトを持つからだ。アルは預言者エレミヤのように未来を憂いながらも、人生に目的をもつ尊さと、人はみな深海に眠る鉱物資源のように可能性に満ちていることを説く。

  • 2019年6月3日

無人機による水中作業 集鉱機と揚鉱管の接続とストレインセンサーの取り付け

水深3000メートルの海底から稀少金属ニムロディウムを含む海台クラストを採掘する為の採鉱システムの接続作業が始まった。ヴァルターは潜水艇プロテウスから小型無人機をランチャーし、高電圧リアクター、揚鉱管、集鉱機を繋いでいく。実際のROVによる水中作業の模様などを動画で紹介しています。

  • 2019年6月3日

一つ一つの航海が心の糧 ~潜水艇の準備・未来を繋ぐ為に

採鉱システムの揚鉱管、高電圧リアクター、集鉱機を繋ぐミッションが迫る中、格納庫では潜水艇プロテウスの潜航準備に忙しい。ヴァルターは長年親しんだ船体を見上げながら、一つ一つの航海が心の旅路だったことを思う。石油リグや無人機オペレーションの動画を紹介しています。

  • 2019年6月3日

深海 ~ムーンプールに広がるもう一つの宇宙

洋上施設に設けられた作業用の開口部はムーンプールと呼ばれ、海面に直結している。その向こうに広がる深海はさながらもう一つの宇宙であり、惑星のダイナミックな息づかいに満ち満ちている。採鉱システムの接続作業を前に、ヴァルターとリズはムーンプールを訪れ、海の秘めたエネルギーについて語り合う。

  • 2019年6月3日

本当の心の強さとは ~無理に鋼になろうとするな

堤防を守りに戻って高波に呑まれた父の最期の様子を聞かされ、激しく動揺する。父は数分差で救援の車に乗り遅れ、高波に呑まれたのだった。運命の仕打ちを嘆くヴァルターに、アルは本当の心の強さと生き方について説いて聞かせる。

  • 2019年6月3日

集鉱機の降下と水中の接続作業 ~『運』も成功の要素

現場や企業の思惑が交錯する中、水深3000メートルの海底下に、海底鉱物資源を採掘する為の集鉱機と破砕機が海中降下される。嫌われ者のプロジェクトリーダーが無くなって、無人機の若いオペレーター達がリラックスして作業に取り組む姿を見て、サブリーダーのマードックは『運』も成功の要素だと説く。実際の水中無人機のオペレーションの様子を動画で紹介。

>Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成す稀少金属《ニムロディウム》をめぐる企業の攻防と社会の展望を描いた本格的な海洋ロマン。
「これが生だったのか、それならよし、もう一度」をテーマに人と社会、仕事と生き甲斐、恋と女性のライフスタイルなどを描いた人間ドラマです。Kindle Unlimitedなら読み放題。

CTR IMG