海 断崖

現実逃避とがむしゃらな行動

まるで止まった途端、転倒する独楽(コマ)のように

失敗を恐れ

変化を恐れ

都合の悪い現実から目を反らしてきた。

第六章 断崖』のボツより

とうとう全てに躓き、海辺でこれまでの行いを内省しながら思う。

一生懸命、勤勉、、向上、頑張り、

絶え間なく努力する人は少なくないが、一見、向上心に溢れるように見えて、その実、何かから逃げ回っているかもしれない。

問題に激突して、何もかもぶち壊れた時に初めて分かる。

都合の悪い現実から目を反らしていただけだということ。

海 断崖
最新情報をチェックしよう!
>Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成す稀少金属《ニムロディウム》をめぐる企業の攻防と社会の展望を描いた本格的な海洋ロマン。
「これが生だったのか、それならよし、もう一度」をテーマに人と社会、仕事と生き甲斐、恋と女性のライフスタイルなどを描いた人間ドラマです。Kindle Unlimitedなら読み放題。

CTR IMG