TAG

政治と社会

  • 2019年6月3日

干拓型海洋都市『リング』のプレゼンテーション 価値ある仕事と社会の礎

アイデアの是非が問われる中、干拓型の海洋都市『リング』のプレゼンテーションに立った彼は「ボルトを締める人の手にも意思がある」と社会の基盤となる庶民の誇りや意欲の重要性とについて説き、「信用こそ資本」と建設費に勝る価値を創出することを宣言する。

  • 2019年6月3日

対立する二つの海洋都市のアイデアと庶民の不安 全ての人に分かりやすく

壮麗な海上都市『パラディオン』の建設計画が進む中、公共性や耐久性に懐疑的なヴァルターは干拓型の海洋都市『リング』を対案として提示するが、女性教師の言葉から、一般人にいまひとつアイデアが理解されてないことを知り。大衆の支持を得るには「全ての人に分かりやすく」が鍵だと気付く。

  • 2019年6月3日

その負債、誰が支払うの? 謝って済むものではない巨大建設

ペネロペ湾開発のアイデアコンペで壮麗な円環の海上都市『パラディオン』が第一位に選出されたが、莫大な建設費用と維持費、富裕層向けの限定的な物件であることから反発も強く、政府の委員会では建設の是非を巡って議論が交わされる。簡単に取り替えや白紙撤回が許されない巨大建設のリスクと一般社会の率直な意見について。

  • 2019年6月3日

今異議を唱えるか、永久に口をつぐむか ~苗木の死は森の死

アステリアの未来を占うペネロペ湾開発のアイデアコンペで下馬評通り海のヴェニスと謳われるメイヤーの海上都市『パラディオン』が一位に選出される。だがその公共性に懐疑的なヴァルターは質疑応答で異議を唱え、自身が考案する干拓型の海洋都市『リング』を対案としてぶつける。

  • 2019年6月3日

生きる海は一つ 対立を超えて共存共栄の未来へ ~優遇される新興勢力と取り残される既存社会

導き手を失ったアステリアでは今後の海洋開発をめぐって意見交換会が開かれるが、優遇される新興勢力と忘れ去られる既存社会の間で激しい対立が起きる。平和を願うリズは論争を収めようとするが、議論はエスカレートするばかり。そこでヴァルターが助け船を出し、共存共栄を強く訴えかける。

  • 2019年6月3日

デザイナーの心 意匠と形 ~社会への思いやりが都市設計の基盤となる

指導者を失い、政治も混沌とする中、ヴァルターは自身の海洋都市『リング』のアイデアの是非を問う為、アンビルトアーキテクトの先鋭を訪れ、肝心なのはデザインに現れる心のフレームワークだと助言を受ける。都市をデザインすることの意味を考える中、多くの住民が暮らす水上ハウスの問題に気付く。

  • 2019年6月3日

二つの正義と罪の平原 文明を支える鉱業とそれを利用する人々の責任とは

宇宙文明を支える稀少金属ニムロディウムを一手に収めたファルコン・マイニング社に反発するヴァルターは鉱業局の調査官にも懐疑的だ。採鉱プラットフォームの立ち入り検査の後、疑心を率直に伝えると、調査官は相対する二つの正義について語り、罪の平原に立てば、鉱山労働者への責は皆同じだと説く。

  • 2019年6月3日

鉱業資源データベース ~産業振興の知的基盤を構築する

海洋産業の振興と住民の関心を高める為に海洋情報ネットワークの構築を急ぐが、事はそう簡単ではない。一人で気負うヴァルターにメイファン女史は、自分のアイデアをいかに周りに説得するかだと説く。そんな折り、最も成功しているオープンデータベース・システムの鉱業資源データベースの存在を知り、自信を深めるが、一方で経済特区分断の噂を耳にし、ヴァルターとリズは動揺する。

  • 2019年6月3日

数十年もすれば老朽化して、地元のお荷物になるような商業施設に巨額の予算を投じるよりも

急ピッチで湾岸開発の進むペネロペ湾では既に世界的な建築家フランシス・メイヤーと大手建設会社ロイヤルボーデン社が足がかりを作り、『海上のヴェニス』と称される円環の海上都市の建設計画を推し進めていた。再びメイヤーと対峙したヴァルターはわだかまりを水に長そうとするが、故郷の再建計画をめぐって再び恨みが再燃する。

>Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成す稀少金属《ニムロディウム》をめぐる企業の攻防と社会の展望を描いた本格的な海洋ロマン。
「これが生だったのか、それならよし、もう一度」をテーマに人と社会、仕事と生き甲斐、恋と女性のライフスタイルなどを描いた人間ドラマです。Kindle Unlimitedなら読み放題。

CTR IMG