TAG

潜水艇と深海調査

  • 2019年6月3日

子供の知的好奇心と勇気が海洋科学の礎 ~潜水艇と子供の見学

仕事が暗礁に乗り上げたヴァルターは気分転換に潜水艇プロテウスの格納庫に赴く。そこには深海調査の実況で興味をもった小学生が見学に訪れていた。子供が苦手なヴァルターは渋々説明を始めるが、好奇心に目を輝かせる子供達と接するうち、海洋社会の未来に思いを馳せるようになる。JAMSTECのキッズコーナーと併せて。

  • 2019年6月3日

人間の存在理由と深海の生き物 意味や役割があるから愛されるわけじゃない

潜水艇の耐圧殻から深海調査の実況に挑むヴァルターは、実況に耳を傾ける子供たちに深海のダイナミックな地形や世界観を語り、生きることに懐疑的なゾーイに理由などなくても生きることの尊さを説く。八代海の謎の海丘群やプチスポット火山の話題、実際の深海調査の模様を動画と画像で紹介します。

  • 2019年6月3日

生命を選別する宇宙開発 ~どの生物を残し、どの生物を見殺しにするか。人間の究極のエゴ

深海の調査が進む中、潜水艇の耐圧殻でノックス研究員が宇宙人コードについて尋ねる。宇宙の開発地で土着生物が発見された場合、何を保護し、何を見殺しにするか、人間の究極のエゴともいうべき法律だ。一方、新米パイロットのユーリは懸命にサンプリングに取り組みながら、意欲と連帯感を深める。

  • 2019年6月3日

潜水艇パイロットの矜持 一生誇りに思えるように ~初めての深海調査

ウェストフィリア近海の海底鉱物資源に執着するロバート・ファーラー社長は自らが出資する開発公社を使ってメテオラ海丘の深海調査を指示する。お粗末なデータを前にヴァルターは有人潜航は時期尚早と疑問を呈するが、ファーラーの代理人であるオリアナは聞き入れない。初めての潜航を前に、不安に青ざめる新米パイロットにヴァルターはパイロットの矜持を説く。

  • 2019年6月3日

一つ一つの航海が心の糧 ~潜水艇の準備・未来を繋ぐ為に

採鉱システムの揚鉱管、高電圧リアクター、集鉱機を繋ぐミッションが迫る中、格納庫では潜水艇プロテウスの潜航準備に忙しい。ヴァルターは長年親しんだ船体を見上げながら、一つ一つの航海が心の旅路だったことを思う。石油リグや無人機オペレーションの動画を紹介しています。

  • 2019年6月3日

想像力で深海に潜る ~有人潜水艇の耐圧殻で夢見る生命の世界

有人潜水艇プロテウスの格納庫を訪れたリズはパイロットのヴァルターと鉢合わせ、深海調査の仕事について聞くうち「私も乗ってみたい」と打ち明ける。ヴァルターはリズを潜水艇の耐圧殻に誘い、「想像力で潜るんだよ」と夢の中で深海の様子を語って聞かせる。深海の不思議な地形や生物の動画も紹介。

  • 2019年6月3日

完全無人化か、有人潜水艇による目視か ~技術の進歩で不要になる人材と現場のマネジメント

海底鉱物資源の本採鉱が迫る中、プロジェクト・リーダーの横暴のトラウマから、無人機の若いオペレーター達は水中の接続作業の完全無人化を主張し、潜水艇のパイロットであるヴァルターは目視の重要性を説く。無人機がいかに優れても、人間の勘や目視の力は侮れないというのが彼の主張だ。嫌われ者の人間性がどうあれミッションは完遂しなければならない。

  • 2019年6月3日

有人潜水艇と深海調査 パイロットの矜持 ~新しい仕事は慌てず、騒がず

有人潜水艇のパイロットとして、海底鉱物資源の採鉱システムの接続ミッションに参加する意思を固めたヴァルターだが、作業の内容を知って激昂。深海調査と思っていたら、高電圧リアクターや揚鉱管を繋ぐ水中作業がメインだった。動揺するヴァルターにプロジェクトチームのサブリーダーが仕事の心得を説く。

>Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成す稀少金属《ニムロディウム》をめぐる企業の攻防と社会の展望を描いた本格的な海洋ロマン。
「これが生だったのか、それならよし、もう一度」をテーマに人と社会、仕事と生き甲斐、恋と女性のライフスタイルなどを描いた人間ドラマです。Kindle Unlimitedなら読み放題。

CTR IMG