TAG

運命と意思

  • 2019年6月3日

誰がアイデアを形にするかで、この世は変わる ~人の意思と品性がアイデアの価値を高める

どれほど優れたアイデアも、曲がった意思が働けば歪な世界を作り出すし、アイデア自体は優れなくても、善き意思がそれを優れたものに育てることもある。専門家だから、その道の権威だから、必ずしも優れたアイデアを生み出すとは限らない――真に優れたアイデアを持ちながら、恐れて口にできないヴァルターをリズが励ます。アイデアと世界の関わりについて。

  • 2019年6月3日

集鉱機の降下と水中の接続作業 ~『運』も成功の要素

現場や企業の思惑が交錯する中、水深3000メートルの海底下に、海底鉱物資源を採掘する為の集鉱機と破砕機が海中降下される。嫌われ者のプロジェクトリーダーが無くなって、無人機の若いオペレーター達がリラックスして作業に取り組む姿を見て、サブリーダーのマードックは『運』も成功の要素だと説く。実際の水中無人機のオペレーションの様子を動画で紹介。

  • 2019年5月30日

今成すか、永遠に成さないか ~決断と意思の強さが成功裏に導く

アステリアの大海原を前に、海中技術の困難を思い知ったアルは、長年かけて練り上げた海底鉱物資源の採掘計画について断念しかけるが、今成すか、永遠に成さないか(Nunc aut numquam)を自身に問いかけ、決意を新たにする。愚かな二番手は永久に一番手の尻をを舐め、何を見せても二番煎じと嘲られるだろう。

>Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

宇宙文明の根幹を成す稀少金属《ニムロディウム》をめぐる企業の攻防と社会の展望を描いた本格的な海洋ロマン。
「これが生だったのか、それならよし、もう一度」をテーマに人と社会、仕事と生き甲斐、恋と女性のライフスタイルなどを描いた人間ドラマです。Kindle Unlimitedなら読み放題。

CTR IMG